アー写候補2019 2.jpg

​お問い合わせ

出演依頼、チケットのご予約等はこちらのフォームよりお願いいたします

※チケットご予約の場合は、ご予約枚数も必ずご記入頂く様お願い致します

お名前 *

Email *

件名 *

本文 *

送信が完了いたしました!

1986年7月20日生まれ。

埼玉県出身。

シンガーソングライターでありながら持ち前の明るさで、

ラジオパーソナリティ、司会、落語など活動の幅を広げる。

1stシングル「現代 -いま- / 電気ブランを飲みながら」は自主制作ながら初回生産分完売。

2017年7月19日自身初のワンマンライブを開催。

​2018年12月7日に二度目となるワンマンライブ「布石の回収」開催。

同日、2枚目となるシングル「七重の膝を八重に折れ。」発売。

楽曲提供や企業用PR楽曲の制作なども行う。

自身のライブ時の衣装は着物が多い。

2019年より大阪・神戸等、関東以外でも活動の幅を広げ精力的に活動中。

強く影響を受けたアーティストがおらず自身ではそれをコンプレックスと捉えているが、

クラシックや民族音楽などジャンルを問わず幅広く音楽を聴く習性があり、

それらを自身の楽曲へ落とし込む事が多々ある。

おチャラけた要素の強い楽曲が多々あるが、少々斜に構えた目線からシニカルな楽曲を制作することも多く、

人が内心思っている「普段は口にしない部分」を歌にする事がある。

そこには「人が負の感情を溜め込まず声に出してストレスを発散出来るものを作る」という意図があるらしく、

アクの強い言葉選びに耳馴染みの良いキャッチーなメロディラインで口ずさみやすい楽曲が多い。

全体的にリアリティのある描写が、シュールでかつどこか身近な世界観を創り出し聴く者を引き込む。